SUNDAY SEASIDE LETTERPRESS & DESIGN

2014.09.08

Processed with VSCOcam with f2 preset

 

このイベントのお知らせをここに載せられなかったことを今更哀しむ!

フライヤーの印刷依頼から始まったものの、デザイン、イラスト、強いては企画自体に参加。
長期に渡り盛りだくさんだったのですが、振り返ってみるととても良い企画でした。

 

10151294_4202512756369_6163116593871314852_n
http://antenna7.com/artdesign/2014/04/terra_shunne.html
https://www.facebook.com/events/1379412149003121

 

 

10171674_742343185786403_5996049185800972866_n


「SHUN-NE」at ROOM 103
丁度この時期、国立にあるLET’EM INという家具屋さん企画「GOLDEN SELFISH WEEK」というイベントのフライヤーをご依頼頂いておりまして、企画内容聞き出したりしていた時にSHUN-NEも参加したら良いかもと思って提案したら、快く仲間に入れてくださいまして賑やかなゴールデンウィークとなりました(過去形)

 

1560586_760912420609994_6979205581867287212_n

photo by suguru ryuzaki

 

 


2012.11.30

SUNDAY SEASIDEオリジナル2012年クリスマスカードが出来上がりました。

クラシックなデザインなのでお部屋に飾っても素敵だと思います。

 

クリスマスツリーは飾らないけど、少しだけという方にも。

 

 

左はクリーム色のコットン紙に金のハト目。

赤白のコットン紐がついているのでドアや壁にかけてご使用いただけます。(可愛いでしょ?)

 

右は竹を使った紙で、色はスノーホワイト。

紙の風合いも新雪のようにフワフワとしています。

かすれた印刷も葉っぱにつもった雪みたいと思っていました。

 

 

裏は空白なので、お好きなメッセージを書いてご使用くださいね。

 

 

– – – – –

ご購入はこちらから(販売終了)


2012.11.14

 

中目黒にあるbistro orancio(ビストロ オランチョ)が
オリジナルで作っている手打ち生パスタのラベルをデザイン、製作させていただきました。

 

さぬきうどんで有名な香川県のうどんやさんと一緒に作っているパスタ。

フィットチーネと、リングイネと、スパゲッティの三種あります。

湯で時間も1,5分〜3分と短めなので、手軽に作れるのに満足感存在感高めで素敵。

 

店頭と、月一回開催されている中目黒村マルシェでも販売しています。

お話を聞いたら、生パスタ以外にもこれから広く展開していく予定だそう。(楽しみ!)

オーナーのすーさんは相変わらずお洒落で面白い。

 

 

ビストロ オランチョ (Bistro Orancio)

東京都目黒区上目黒3-14-5 ティグリス中目黒  2F

営業 11:30~14:30 19:00~翌1:00(日曜定休)

tel:03-6452-4528

 

 

この間食べて感動したのは4種のお味噌を使ったパスタ(フィットチーネ)!

みんながラクレット食べてるの何度か見てて気になっている。


2012.11.13

 

NYCで製作したポスター。

今、日本で私が使っているマシンは小さなものを刷るものなので、NYCで使用していたVANDERCOOKという校正機で大きなものを刷ってみたかったのです。

 

WOOD TYPEを使えたことも、お薦めの紙屋さんに紙を買いにいったことも今思えば日本では出来なかったことだったので、思い出とともに貴重な体験。

教えてもらった紙屋さんはハンドメイドペーパー(手漉き紙)がとっても充実していて、中には日本の手漉き和紙もあったり、全判サイズだけではない四方耳付きの細長いものや正方形のものなどがあって、このポスターもぴったりのサイズをみつけることができました。今でも日本でこういうお店がないかずっと探しています。いろんな人に聞いたり調べたり、手探り状態。

 

「これだ!」という紙に出会いたいです。・・・紙を巡る旅はまだ果てしない予感。

 


2012.11.08

10月にオープンした「ピリカタント書店」のカードと名刺をデザイン・製作させていただきました。

 

 

 

 

BOOKS, GENERAL,MEAL & LIQUOR.とあるとおり、本屋さんでありながら、季節の美味しい野菜を使ったごはん、お酒も飲めちゃう。そして海外から買ってきた雑貨も可愛いものばかり。本のセレクトも素晴らしいです。(彼女曰く、まだまだ入れたい本が沢山あるとのこと)NOTEWORKSが手掛けたという内装もとても素敵。住みたい。

 

店名はアイヌ語で「美しい今日」を意味する「タントピリカ」をもじって「ピリカタント」...素敵。店主は北海道出身なのです。

 

 

 

 

 

どういうカードにしようかな、と考えながら帰ってた時、ネパールからの紙を使うのにぴったり!とひらめいて、半ば強引に採用させていただきました。(やっぱりカワイイ!)クラフト紙との相性がいいので、次回は色々なクラフト紙に刷ってみようと思っています。(また強引)

 

 

ネパールの紙が本当に愛らしくてつくりながら笑ってしまうくらいでした。
いろんなものが混じってるし、裏になんか付いてるし、カットも歪んでいるし…(笑)
日本の紙の精度は本当に高いと思いますが、たまにはこういう紙も使いたい。
こういう感覚を共有したいから提案したいし、仕入れられるように情報交換できると嬉しいんだけどな。(紙を探しにアジアへ行きたいと思っている。あとアメリカの汚いクラフト紙を送ってもらおう考え中)ストックが十分にできるわけではないから、 ある時にある時だけになってしまうけれど、なんかそれもいいかなと。(だめかしら?)

 

 

 

 

 

 

ピリカタント書店

世田谷区北沢2-33-6 2F
TEL:03 6804 8150
月・火 close
水-日 13:00-24:00

http://www.pirkatanto.com

 

 

下北沢に行きたい理由ができてしまった。


2 / 212

CATEGORY