SUNDAY SEASIDE LETTERPRESS & DESIGN

2012.07.30

 

もう5年程前に、写真家の望月孝さんと一緒に「ヌードデッサン会」を開催していたことがあります。素人玄人関係無しの大人の為の純粋な描く喜び会。
ここ最近はその会のことを懐かしく思っていたくらいでしたが、昨日?一昨日?急にデッサンしたい!って思いついたのです。(この会の話はまたゆっくり書きたいと思います)

 

このひらめき(?)をとどめておきたくてここに書く。

 

服についての考察は私の基になっているようで、グラフィックを生業としている今でも常々思考のどこかに存在していて、服飾を学んでいた当時の友人とその考察を共有しながら深夜まで飽きずに話したりしていて、私がNYCに来てる毎週末にもこちらでパターンナーをしている友人ともそんな話(それだけじゃないけど♡)をしています。彼女とは永い付き合いもあり共有できる感覚というのが少なからずあって、それを頼りに話し進めていた中で、わたしが憧れているものに「作ることができない服」というものが存在していることに気がつきました。
作ることは不可能であると察知した時、妙な絶望感とそれでもそれをつかみたいという気持ちの狭間で「デッサン」が浮かんできました。とどめる方法がそれしか思いつかなかったのかもしれません。私が作りたいともやもやしていたものは作ることが出来ないものだったんだな。
心のどこかで服で形作って伝えたいと思っていたことが崩れて目の前が眩しいです。ワクワク。目的を持って描く感覚は今までなかったので、新しい発見。どうして今まで気がつかなかったんだろう!

 

「ヌードデッサン」とはちょっと視点が違うかもしれないけれど、当時と同じ道具を使って今度は服を描きたいと思いました。日々がちょっと楽しくなりそう。


2012.07.28



長らく仮アップ状態で更新をし続けていたこのサイト、ついに本番アップできるまでになりました。(長かった)このブログに関しては、気ままに更新をしながら立ち位置を調整していきたいと思います。(あ、タグで仕切ればいいのかな?)

 

今日はGAGOSIAN GALLERYにRichard Avedonの展示を観に行きました。チェルシー地区の端の倉庫街にギャラリーはあって、天井も高くて広さもあって、間仕切りも曲線を描くような不思議で贅沢な空間使い。

四方には大きなプリント。すべてモノクロの写真たち。四方の写真は向き合いながら対比しているようにも見えた。ゲイカップルのポートレートは「クスリ」と笑ってしまうくらい幸せそうで、そんな写真が並んだコンタクトプリントに赤いダーマトグラフでセレクトされた一枚の写真。ぱきっと焦点があたったその写真はその周りの写真とは少し違くて、笑って楽しそうなだけじゃない複雑な心境さえも写っているような。未だに少しぼーっとしてしまうくらいの展示でした。本当に観れてよかった。

 

このエリアはギャラリーが集まっていて、たまたま入ったGLADSTONE GALLERYでやっていた「もの派<Mono-ha>」の展示もぼーっとしていた私に心地よく響いた。横断歩道でクラクションならされて、ふらりと入ったスタバで「SUZUKA」が『SAZUKA』に間違われているあたりで現実世界に帰ってきたような気がしました。


2012.07.27

SUNDAY SEASIDE WEB OPEN!<more>

制作はdesign plusの小門さん。いつもありがとうございます!


2012.07.27

Workspace open in september ! <about>


2012.07.26

WEBを作り始めてからだいぶ長いことかかってしまっていますが、もう少しで出来上がるかなという感じがしています。

さて、私は今ニューヨークに来ています。
CENTER FOR BOOK ARTSのクラスに通うことと、BROOKLYNという街に今来てみたかったから。
英語も話せないし、具体的な目的も無いけれど、1ヶ月の時間が用意できたので、毎日メトロに乗って美術館に行ったり地元のアーティストの作品を取扱っている店舗をのぞいたり、週末のフリーマーケットに行ったりしています。(クラスはこれから)こちらは日本と同じ真夏。湿気は感じないですが、陽射しが痛い程強くて歩いているだけでも肩や腕はだいぶ焼けています。

海外にはあまりいったことがないので、NYCにも今回が初めて。

肌の色、目の色、髪の色、体型、骨格、趣味嗜好、貧富、色々が同時に居る。というのに理解というか受け止めた、という印象です。何日かすると、大きくエリアによって国柄(民族柄?)別れているのに気がついて、観光客でありアジア人である私という存在位置を自分で知ることが出来た。知ったからといって「だから何?」としか思えないんだけど、知れて良かった。日本にいるとわかりにくい感覚だな、と。NYCで住む人たちは既に否応でも立ち位置を知ってるな、と思いました。そこに悲観的な感じは無くて、それでも生きてるエネルギーに溢れた街。


CATEGORY