BLOG

 

印刷をしている時。

 

だいだい自分のものではなくて、印刷をご依頼いただいて作っている時。

相手の為に美しく仕上げることを念頭に黙々と刷り上げながら、たまにふと分からなくなるときがある。

 

その時は「にじみ」「かすれ」「つぶれ」「ゆがみ」の存在が急に強く見えてきて「これは汚いものかもしれない」「これは失敗だ」とここまで刷り上げてきたものを見て愕然としてしまう。これだったらオフセット印刷で仕上げた方が綺麗になったはずだ、もっと技術のある印刷屋さんにお願いした方がよかっただろうに。なんてどんどん思考が重く暗くなりながら自分の感覚さえも信用できずにどうしていいかあたふたする時がある。でも、これは機械がじゃなくて、私が調子が悪い時。(←単純に機械の調整が出来ていないでって時もありますわ♡)

 

オフセット印刷が現在のように主流になるもっと前から活版印刷は活躍していて、当時の職人さんはいかに「にじみ」「かすれ」「つぶれ」「ゆがみ」のない“美しい”印刷ができるかに命をかけていたそう。印刷面の僅かな凹凸さえもNGだったとさえ聞く。

 

日本で、日本語を使用して日本の機械で印刷をしている以上、この歴史は亡霊のごとく私の背後にいて(くださって)、迷い始めた私を容赦なく攻撃して(くださいます)(くる)。

 

Mrs.Roniはそういう迷った時に魔法使いのように脳内(頭の中)(記憶を思い出す)に現れる。(←実際、ご本人も魔法使いのように可愛い)NYでポスターを刷っていた時、作業を見本として見せてくださって、彼女は紙を何枚も重ねてかなりの圧をかけて印刷をした。くるりと刷り上がった印刷面を見て「BEAUTIFUL!!」(←可愛い)もちろん表面は圧がかかってぼこぼことしている。背景の凹凸が美しいからと、表から文字を重ねるのではなくて、裏に刷って光で凹凸を楽しむのもいいと思うという提案も。

 

調子が悪い時、私はこの気持ちを持てていない。

機械の調整(胴張など)はきっちりとできる技術はもちろん磨かないといけないけれど、この時代に、改めて活版印刷機に縁をしている私には、自分が「BEAUTIFUL!!」ってきゃっきゃしながら刷れてないとやる意味がない。

 

 

 

 

 

先日、刷り上げた名刺は迷った末に「にじみ」「かすれ」「つぶれ」「ゆがみ」のないものをお届けした。

でも、納品後、彼女は「にじみ」「かすれ」ていて(ほしかった)(もよかったのに)と言った。

 

 

迷った自分を後悔しながら、私の知っている歴史の話を少ししたけれど、自分への言い訳にしか感じられなかった。私が日本の活字になかなか触れられないのはここの迷いがあるからかしら。触れる時、その時は少し整理がついている時だと思う。

 

私が楽しんで刷り上げて早く早く本人に見せたくて、お届けした時にとっても喜んでくれた時の気持ち。
それが私の糧となり、自信をもたせてくれている。 そして、これこそこれから一番大切にしないといけないこと。
歴史の重みを感じながら自分のの感覚を信じて足を前に出していきたいと思うのであります。


 

残暑厳しい日々続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

 

 

私はアトリエ(というか私の私による私だけの場所)の準備がゆっくり進んでいます。新しい作業スペースの確保はもう半年以上前からスタート(どれだけゆっくりか)していましたが、ギャラリーをやってる友人に場所を紹介してもらうことができて、とんとんと進み始めました。

 

場所は埼玉県朝霞市。私はどれだけ埼玉県に縁があるのかしらね。

 

元々出版社が入っていた広い倉庫のようなスペースの一画に私の道具を移動します。(どうやって運ぶか考えないと…)そうそう、前回内見に行った時にお話を聞いたら、荒川区で活動されていたアプリュスさんもこの倉庫に引っ越してくるとのことで、巨大アトリエの一部が私の一区画という図式に。そのひろーい倉庫のスペースにポツンといるのは少し寂しくもあったのでとっても嬉しい◎色々な人が出入りして製作するそうで、なんだかいい雰囲気になりそうです。

 

10月には入れるように準備進めます。

 

あーvandercookほしい。
ph : MoMA PS1


どうして活版印刷を始めたの?とよくご質問いただきます。
無我夢中で覚えていない、が正しいのですが、ちょっと考察。

私は自分のアイデアを形にする術と楽しさを知ったのはファッションの世界でした。

アイデアを紙にデザイン画として描いて、ハトロン紙に定規と鉛筆でパターンを引き、トワルで形を出して、綺麗な布をハサミで裁断してミシンやアイロンで仕上げていく。とりわけデザイン画を書くことが好きで、当時のデザイン画は今でも大切にあります。

何も知らない私が8年前にグラフィックの世界に入った時は、既に写植の時代が終わっていて、手を動かさなくても形になること、4色のインクで色を自在に操れるすごい時代。頭の中のイメージを形にするもう一つの方法を知って興奮していました。初めから一流のホテルやレストランのグラフィックに携わることができ、クオリティの高い印刷物が形になっていく様を手に取ってみることが出来たのはとても良い経験で、存在感がある印刷物を見ることができたのはかなり影響を受けていると思います。

近年の不況と格安印刷の存在で、今まで作っていた印刷物は少しずつ様子が変わって来ました。クオリティより早く、安く。色校正も、紙を選ぶことも、インク色を選ぶことも金額が高いのです。だからしょうがない、と思う反面、もやもやしてました。

そんな時に、初めて“Letterpress”を知り、少ない数でも自分で好きな紙を選べて、インクを混ぜて自分で色を作れる。こんなに嬉しい事はありませんでした。

活版印刷は私が印刷に対して思う『足りないもの』を補ってくれる気がしています。それは、ファッションから教えてもらった「形にすること」に少し近いところがあるからかもしれないな、と今、書いてて気づいて、妙に腑に落ちています。


2010年1月に手元にきた印刷機。
はじめは南青山の倉庫に置いて作業していました。

 

自然光がたっぷり入る倉庫は冬でも暖かく作業するにはぴったりの場所でした。

(雨の日と、夕方以降はとてつもなく寒かった)

何度も失敗しながら、少しずつ調整をして
仕上がっていく印刷物が並んで行く様が嬉しくて
にやにやしながら作業していたのを覚えています。

夏になったら日中は暑くて作業できないねーなんて言っていた矢先に、あの大きな地震。家があった同じ建物の3Fは古いビルなこともあり、棚が崩れたりPCが割れたり、東京では珍しいくらいに持ち物が壊れました。1Fにあった印刷機は無事でしたが、建物自体を取り壊すことになったので、引越が続いてなかなか印刷を再開できる環境が整わずに印刷もストップ。
ようやく落ち着いて制作ができるので、
わずかながら手で覚えた感覚を取り戻しつつ、
活字を組んでみたいし、活版印刷独特の風合いを活かして
カードやウェディングの招待状などを作っていこうと思います。
ゆっくりですが、お付き合いいただければ幸いです◎

 


Copyright sundayseaside all rights reserved.