BLOG

 

NYCで製作したポスター。

今、日本で私が使っているマシンは小さなものを刷るものなので、NYCで使用していたVANDERCOOKという校正機で大きなものを刷ってみたかったのです。

 

WOOD TYPEを使えたことも、お薦めの紙屋さんに紙を買いにいったことも今思えば日本では出来なかったことだったので、思い出とともに貴重な体験。

教えてもらった紙屋さんはハンドメイドペーパー(手漉き紙)がとっても充実していて、中には日本の手漉き和紙もあったり、全判サイズだけではない四方耳付きの細長いものや正方形のものなどがあって、このポスターもぴったりのサイズをみつけることができました。今でも日本でこういうお店がないかずっと探しています。いろんな人に聞いたり調べたり、手探り状態。

 

「これだ!」という紙に出会いたいです。・・・紙を巡る旅はまだ果てしない予感。

 


10月にオープンした「ピリカタント書店」のカードと名刺をデザイン・製作させていただきました。

 

 

 

 

BOOKS, GENERAL,MEAL & LIQUOR.とあるとおり、本屋さんでありながら、季節の美味しい野菜を使ったごはん、お酒も飲めちゃう。そして海外から買ってきた雑貨も可愛いものばかり。本のセレクトも素晴らしいです。(彼女曰く、まだまだ入れたい本が沢山あるとのこと)NOTEWORKSが手掛けたという内装もとても素敵。住みたい。

 

店名はアイヌ語で「美しい今日」を意味する「タントピリカ」をもじって「ピリカタント」...素敵。店主は北海道出身なのです。

 

 

 

 

 

どういうカードにしようかな、と考えながら帰ってた時、ネパールからの紙を使うのにぴったり!とひらめいて、半ば強引に採用させていただきました。(やっぱりカワイイ!)クラフト紙との相性がいいので、次回は色々なクラフト紙に刷ってみようと思っています。(また強引)

 

 

ネパールの紙が本当に愛らしくてつくりながら笑ってしまうくらいでした。
いろんなものが混じってるし、裏になんか付いてるし、カットも歪んでいるし…(笑)
日本の紙の精度は本当に高いと思いますが、たまにはこういう紙も使いたい。
こういう感覚を共有したいから提案したいし、仕入れられるように情報交換できると嬉しいんだけどな。(紙を探しにアジアへ行きたいと思っている。あとアメリカの汚いクラフト紙を送ってもらおう考え中)ストックが十分にできるわけではないから、 ある時にある時だけになってしまうけれど、なんかそれもいいかなと。(だめかしら?)

 

 

 

 

 

 

ピリカタント書店

世田谷区北沢2-33-6 2F
TEL:03 6804 8150
月・火 close
水-日 13:00-24:00

http://www.pirkatanto.com

 

 

下北沢に行きたい理由ができてしまった。


Copyright sundayseaside all rights reserved.