mame

flower

 

この豆、なんていう名前なのか聞き忘れてしまった。
すごく綺麗な紫色。オレンジの花を合わせても綺麗だっただろうなと思っている。

 

きっとまた暑い日が戻ると思い込んでいたのに、季節はすっかり秋。
こんなに綺麗な空で過ごしやすい気候なのに、はやくニットが着たいなんて思い始めているから一年があっという間なのかもしれません。

illustration_works

MM_Budokan_0913

monkeymajik_HP
MONKEY MAJIK  Album Jacket / 15th Anniversary LIVE visual

 

Art work
Illustration

 

情報公開になりました。
色付きVer.!可愛いぜ!

 

このリボンの流れをイメージするのに一人で指揮者のような動きをしていたのはアトリエの誰にも見られていない、はず。

 

single CDとJapan TourのビジュアルとADのM氏についてはこちらを。

works

近頃の制作をBLOGのページに(仮に)UPしております。

illustration_works

ilustworks_03
ilustworks_02

MONKEY MAJIK single CD jacket / Japan Tour visual

 

Art work
Illustration
Illustration Effect(私の造語です)

 

イラストのお仕事をさせていただく事もあります。

アートディレクターのM氏、お仕事は説明不要の素晴らしさなのですが、特筆したいのはVINTAGEマニアでありコレクターであること。アトリエまでお越しくださり、打ち合わせをしていましたが、滞在時間の半分くらいはそのマニアぶりを拝聴していたかもしれません。最高に楽しい時間でございました。
「古い良いものにはかなわない」
「大切な服は嫁に絶対洗濯させない」
が忘れられません。

 

M氏のテラリウムが完成するのを楽しみにしております。

 

こちらのイラストシリーズもう少し展開があります。
公開され次第また紹介させていただきます。

– – – –

Processed with VSCOcam with hb2 preset

 

KAAT(神奈川芸術劇場)
女流義太夫 竹本駒之助公演第三弾

 

Illustration
Ilustration Effect

 

遊び心を盛り込んで新しい切り口で展開したい!という意気込みに感銘を受け、師匠のお写真をお借りしてイラスト仕上げました。女流義太夫の歴史の話が想像を越えて面白く、古典と捕われがちな今の時代、ここまでくる間に何が起きてきたのかもっと感覚的に知りたいです。

このお話をいただいた時期に私は「日本のアールヌーヴォー/海野弘 著」を熱中して読んでいたため、打ち合わせの時に内容がリンクして持ってきていただいた資料などに大興奮でした。江戸、明治、大正、昭和、平成。教科書で学んだ流れだけではなく、別の軸から流れを紐解く面白さは混沌とした現代にヒントを見つけさせてもらえるようなワクワク感があります。現代を生きる一人の人間として意地ではない素直な感覚は忘れずに、些細でも違和感は見逃さないでありたいなと思っている次第でございます。

workshop

ワークショップは手フートを移動してもらうのが可能な場合に限ってたまーにひっそり開催されています。
前回は富士山の麓、富士吉田市にて行われたART KURA BIRAKI(http://cinolab.com)に参加しました。

10552584_703809603034920_8399214777248261897_n

1907782_703809566368257_2924488191779316875_n  10561564_703809526368261_8384069622059608801_n

 

コラージュした台紙の上から印刷をしてしまう挑戦的なワークショップです。
大人も小さい人も、いつも前段階のコラージュに真剣に挑んでいらっしゃいます。

 
さて、少し話は変わります。


以前、友人たちがアトリエに遊びに来た日。

お蕎麦屋さんでのんびりしたりお菓子と珈琲でくつろいでいたのですが、せっかく来たのだからと何かやろうとバラバラとした活字を取り出して組み立てて遊びました。目の前に整頓もされずに転がる活字を各々手に取っては組み合わせ、どうにか一人一文ずつできたものを合わせ偶然のようにできた文章。この詩のような、よく分からない文の集まりになんだか可能性を感じておりました。

 

 

sample

 

いつかのタイミングで、これをワークショップでやりたいなと思っています。見ず知らずの数人で作られた奇跡の文章、きっと面白いと思う。こんな風に枠を入れた台紙に活字の印刷をするのだってきっと楽しい。私が活字を使う事、私がワークショップを行う事、今までどうもしっくり来なかったのだけれど、少し見えてきた感じがしました。

商 アリク

10169189_664297116986169_78508669450022889_n

 

松陰神社前駅の商店街、マルショウ アリクというお店。
店主の廣岡好和氏のご依頼によりロゴとカード、名刺をデザイン/制作させていただきました。

 

アリクは在来、歩き続けるなどの意味がある古語。

 

日本の牡蛎とおばんざいの居酒屋さん。美味しい日本の牡蛎が色々と食べられます◎
https://m.facebook.com/profile.php?id=520447511400431

flyer

Processed with VSCOcam with f2 preset

 

このイベントのお知らせをここに載せられなかったことを今更哀しむ!

フライヤーの印刷依頼から始まったものの、デザイン、イラスト、強いては企画自体に参加。
長期に渡り盛りだくさんだったのですが、振り返ってみるととても良い企画でした。

 

10151294_4202512756369_6163116593871314852_n
http://antenna7.com/artdesign/2014/04/terra_shunne.html
https://www.facebook.com/events/1379412149003121

 

 

10171674_742343185786403_5996049185800972866_n


「SHUN-NE」at ROOM 103
丁度この時期、国立にあるLET’EM INという家具屋さん企画「GOLDEN SELFISH WEEK」というイベントのフライヤーをご依頼頂いておりまして、企画内容聞き出したりしていた時にSHUN-NEも参加したら良いかもと思って提案したら、快く仲間に入れてくださいまして賑やかなゴールデンウィークとなりました(過去形)

 

1560586_760912420609994_6979205581867287212_n

photo by suguru ryuzaki