BLOG

ワークショップは手フートを移動してもらうのが可能な場合に限ってたまーにひっそり開催されています。
前回は富士山の麓、富士吉田市にて行われたART KURA BIRAKI(http://cinolab.com)に参加しました。

10552584_703809603034920_8399214777248261897_n

1907782_703809566368257_2924488191779316875_n  10561564_703809526368261_8384069622059608801_n

 

コラージュした台紙の上から印刷をしてしまう挑戦的なワークショップです。
大人も小さい人も、いつも前段階のコラージュに真剣に挑んでいらっしゃいます。

 
さて、少し話は変わります。


以前、友人たちがアトリエに遊びに来た日。

お蕎麦屋さんでのんびりしたりお菓子と珈琲でくつろいでいたのですが、せっかく来たのだからと何かやろうとバラバラとした活字を取り出して組み立てて遊びました。目の前に整頓もされずに転がる活字を各々手に取っては組み合わせ、どうにか一人一文ずつできたものを合わせ偶然のようにできた文章。この詩のような、よく分からない文の集まりになんだか可能性を感じておりました。

 

 

sample

 

いつかのタイミングで、これをワークショップでやりたいなと思っています。見ず知らずの数人で作られた奇跡の文章、きっと面白いと思う。こんな風に枠を入れた台紙に活字の印刷をするのだってきっと楽しい。私が活字を使う事、私がワークショップを行う事、今までどうもしっくり来なかったのだけれど、少し見えてきた感じがしました。


10169189_664297116986169_78508669450022889_n

 

松陰神社前駅の商店街、マルショウ アリクというお店。
店主の廣岡好和氏のご依頼によりロゴとカード、名刺をデザイン/制作させていただきました。

 

アリクは在来、歩き続けるなどの意味がある古語。

 

日本の牡蛎とおばんざいの居酒屋さん。美味しい日本の牡蛎が色々と食べられます◎
https://m.facebook.com/profile.php?id=520447511400431


Processed with VSCOcam with f2 preset

 

このイベントのお知らせをここに載せられなかったことを今更哀しむ!

フライヤーの印刷依頼から始まったものの、デザイン、イラスト、強いては企画自体に参加。
長期に渡り盛りだくさんだったのですが、振り返ってみるととても良い企画でした。

 

10151294_4202512756369_6163116593871314852_n
http://antenna7.com/artdesign/2014/04/terra_shunne.html
https://www.facebook.com/events/1379412149003121

 

 

10171674_742343185786403_5996049185800972866_n


「SHUN-NE」at ROOM 103
丁度この時期、国立にあるLET’EM INという家具屋さん企画「GOLDEN SELFISH WEEK」というイベントのフライヤーをご依頼頂いておりまして、企画内容聞き出したりしていた時にSHUN-NEも参加したら良いかもと思って提案したら、快く仲間に入れてくださいまして賑やかなゴールデンウィークとなりました(過去形)

 

1560586_760912420609994_6979205581867287212_n

photo by suguru ryuzaki

 

 


water

water_2

fろうぇr

昔に作った花の絵を思い出して、
そのイメージでもう一度作ってみたいなと思って探してたらこの絵を見つけた。

時期を見たら4年前でした。



新たにSUNDAY SEASIDE オリジナルカードのお取り扱いをいただいております。

 

NEW ACCIDENT 
石川県金沢市香林坊 2-10-1 3F
TEL:076-255-2473
info(at)newaccident.com

 

SEIN
東京都目黒区祐天寺2-6-10
TEL:03-6320-8104

 

とても素敵なお店です。
是非、店頭でお手にとってご覧くださいませ。


 

あ、あけましておめでとうございます(遅)
気がついたら半月も過ぎてしまいました。 。。

 

年末は31日まで年賀状の印刷をしておりました。そして年始も。
今年こそは年賀状を早めにオーダーお受けできるようにしたいと思います。

 

 

新しい年の始めにお名刺を新しくされる方が多いようで、年始は名刺製作が続いています。
アトリエに名刺の相談にいらしてくださった方もいて、にぎやかにスタートしています。

 

ph. 製作途中にインクのムラが水みたいだなぁと思いながら印刷していたら、
ふと水平線に見えてきて、そうしたら愛しの一色海岸を思い出しました。
仕上がりも楽しみだけれど、この一枚はこのままとっておこうと思っている。


SUNDAY SEASIDEのオリジナルカードをお取り扱いいただいております。

 

 

 

 

 


お近くにいらっしゃった際には、是非お手にとって見てみてください。
活版印刷の魅力は手に取った時にとてもよく分かります。

 

 

Shelf
東京都渋谷区神宮前3-7-4
TEL:03.3405.7889

 

ピリカタント書店
東京都世田谷区北沢2-33-6 2F
TEL : 03-6804-8150

 

maison de VOSGES
東京都世田谷区深沢6-5-14
TEL : 03-6432-2414
(平日と月に一回土曜日にショールームがオープンしています)

 

 

 

こんな季節、こんなご時世だからこそ、身近な人たちの大切さ、温かさが一層感じられます。
用事はメールで済むことが多いですが、ポストに入ったお手紙はとても温かく嬉しいものです。


SUNDAY SEASIDEオリジナル2012年クリスマスカードが出来上がりました。

クラシックなデザインなのでお部屋に飾っても素敵だと思います。

 

クリスマスツリーは飾らないけど、少しだけという方にも。

 

 

左はクリーム色のコットン紙に金のハト目。

赤白のコットン紐がついているのでドアや壁にかけてご使用いただけます。(可愛いでしょ?)

 

右は竹を使った紙で、色はスノーホワイト。

紙の風合いも新雪のようにフワフワとしています。

かすれた印刷も葉っぱにつもった雪みたいと思っていました。

 

 

裏は空白なので、お好きなメッセージを書いてご使用くださいね。

 

 

– – – – –

ご購入はこちらから(販売終了)


 

印刷をしている時。

 

だいだい自分のものではなくて、印刷をご依頼いただいて作っている時。

相手の為に美しく仕上げることを念頭に黙々と刷り上げながら、たまにふと分からなくなるときがある。

 

その時は「にじみ」「かすれ」「つぶれ」「ゆがみ」の存在が急に強く見えてきて「これは汚いものかもしれない」「これは失敗だ」とここまで刷り上げてきたものを見て愕然としてしまう。これだったらオフセット印刷で仕上げた方が綺麗になったはずだ、もっと技術のある印刷屋さんにお願いした方がよかっただろうに。なんてどんどん思考が重く暗くなりながら自分の感覚さえも信用できずにどうしていいかあたふたする時がある。でも、これは機械がじゃなくて、私が調子が悪い時。(←単純に機械の調整が出来ていないでって時もありますわ♡)

 

オフセット印刷が現在のように主流になるもっと前から活版印刷は活躍していて、当時の職人さんはいかに「にじみ」「かすれ」「つぶれ」「ゆがみ」のない“美しい”印刷ができるかに命をかけていたそう。印刷面の僅かな凹凸さえもNGだったとさえ聞く。

 

日本で、日本語を使用して日本の機械で印刷をしている以上、この歴史は亡霊のごとく私の背後にいて(くださって)、迷い始めた私を容赦なく攻撃して(くださいます)(くる)。

 

Mrs.Roniはそういう迷った時に魔法使いのように脳内(頭の中)(記憶を思い出す)に現れる。(←実際、ご本人も魔法使いのように可愛い)NYでポスターを刷っていた時、作業を見本として見せてくださって、彼女は紙を何枚も重ねてかなりの圧をかけて印刷をした。くるりと刷り上がった印刷面を見て「BEAUTIFUL!!」(←可愛い)もちろん表面は圧がかかってぼこぼことしている。背景の凹凸が美しいからと、表から文字を重ねるのではなくて、裏に刷って光で凹凸を楽しむのもいいと思うという提案も。

 

調子が悪い時、私はこの気持ちを持てていない。

機械の調整(胴張など)はきっちりとできる技術はもちろん磨かないといけないけれど、この時代に、改めて活版印刷機に縁をしている私には、自分が「BEAUTIFUL!!」ってきゃっきゃしながら刷れてないとやる意味がない。

 

 

 

 

 

先日、刷り上げた名刺は迷った末に「にじみ」「かすれ」「つぶれ」「ゆがみ」のないものをお届けした。

でも、納品後、彼女は「にじみ」「かすれ」ていて(ほしかった)(もよかったのに)と言った。

 

 

迷った自分を後悔しながら、私の知っている歴史の話を少ししたけれど、自分への言い訳にしか感じられなかった。私が日本の活字になかなか触れられないのはここの迷いがあるからかしら。触れる時、その時は少し整理がついている時だと思う。

 

私が楽しんで刷り上げて早く早く本人に見せたくて、お届けした時にとっても喜んでくれた時の気持ち。
それが私の糧となり、自信をもたせてくれている。 そして、これこそこれから一番大切にしないといけないこと。
歴史の重みを感じながら自分のの感覚を信じて足を前に出していきたいと思うのであります。


 

中目黒にあるbistro orancio(ビストロ オランチョ)が
オリジナルで作っている手打ち生パスタのラベルをデザイン、製作させていただきました。

 

さぬきうどんで有名な香川県のうどんやさんと一緒に作っているパスタ。

フィットチーネと、リングイネと、スパゲッティの三種あります。

湯で時間も1,5分〜3分と短めなので、手軽に作れるのに満足感存在感高めで素敵。

 

店頭と、月一回開催されている中目黒村マルシェでも販売しています。

お話を聞いたら、生パスタ以外にもこれから広く展開していく予定だそう。(楽しみ!)

オーナーのすーさんは相変わらずお洒落で面白い。

 

 

ビストロ オランチョ (Bistro Orancio)

東京都目黒区上目黒3-14-5 ティグリス中目黒  2F

営業 11:30~14:30 19:00~翌1:00(日曜定休)

tel:03-6452-4528

 

 

この間食べて感動したのは4種のお味噌を使ったパスタ(フィットチーネ)!

みんながラクレット食べてるの何度か見てて気になっている。


Copyright sundayseaside all rights reserved.