SUNDAY SEASIDE LETTERPRESS & DESIGN

2012.11.13

 

先週、埼玉県立近代美術館での「日本の70年代 1968-1982」という展示の最終日だということを知って、観ないと後悔しそうだったので寄り道して観てきました。MOMASには2回目。

 

展示は予想よりボリュームがありました。

この時代の空気は以前から興味があるので、何度か触れる機会はありましたが、何故か入り込めない全く切り離された時代ように感じていました。

展示を見て思ったのは、受け手(発信者も?)頭で考えているより感覚的で、羨ましいくらいの熱量を放っている。「なぜ?」を「なぜ?」と聞けている。ロジックをねじ伏せるくらいの熱量。ロジックは後からついてくるとも感じるような。明らかに今の時代(私)とは違う。私はここに切り離された時代感を持っていたのかもしれない。でも滞ることのないように流すことができるパワーはこれから必要だと思ったし、そうでないと不健康とさえ感じている。この時代は受け取る、響いてくる位置(変な言葉でごめんなさい)が違うなと感じた。ヒントがあるかも。

 

なんて思いながら年代ごとの写真を追って見ていると最後の方は私が生まれた年で、ああ切り離されてなんてないんだよなぁ。と。

 

ちょっと急いでいたのもあって、じっくり観賞できたわけではないけれど、熱量と刺激、いただきました。展示室を出た後、吹き抜けのフロアから夜のジャズコンサートのリハーサルの音楽が聞こえてきて下を覗き込んだら、舟越保武さんの彫刻があった。(←上からみただけだけどあれはそう。)この瞬間ものすごく癒されました、私。それくらい刺激的な展示でした。

 

あと、黒川紀章さんの一人掛けのソファが展示してあって、とても素敵だった。Chloéのような表参道のモントークのようなソファ。

 

・・・ああ言語表現が乏しくて嫌になってきたのでこの辺で終わりにしよう。


CATEGORY